コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DMT でぃーえむてぃー

2件 の用語解説(DMTの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DMT

xDSLで使用されている通信方式。帯域を約4kHzごとに256分割し、個別にデータを通信する。それぞれの帯域が独立して、他の帯域に影響を与えないためノイズに強いという特徴を持つ。また、使用しない予備の帯域が多いほど、データの転送量は減る代わりに安定した速度が保たれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディー‐エム‐ティー【DMT】[dimethyltryptamine]

dimethyltryptamineジメチルトリプタミン。幻覚剤の一種。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のDMTの言及

【アヤワスカ】より

…煎出液は普通アヤワスカ単独でもちいられず,多くの場合アカネ科のプシコトリアPsychotoria属植物の葉が混ぜられる。この葉にはDMT(N,N‐ジメチルトリプタミン)が含まれている。ほかにもさまざまの植物が加えられるが,ナス科のタバコ属,チョウセンアサガオ属,トウガラシ属などの植物が代表的。…

【幻覚薬】より

…精神展開体験とは,自己内界に注意が向かい,思考力や感覚が高まったと感じ,自他の境が不明になり,人類ないし宇宙への合体感を意味する。精神展開薬は化学的に,(1)β‐フェネチルアミン(メスカリンアンフェタミンなど),(2)インドール系物質(ジメチルトリプタミン(DMT),サイロシビン,ハルミンなど),(3)副交感神経薬(アトロピン,フェンサイクリジンなど),(4)リゼルギン酸誘導体(LSD‐25など),(5)その他(笑気,ナツメグ,マリファナ,バナナの皮など)に分類されるが,作用の強弱によってマイナー・サイケデリクスとメジャー・サイケデリクス(メスカリン,LSD,サイロシビン,DMT,STP,JB‐329など)とに二大別されることもある。
[幻覚薬の研究史]
 中央アメリカでは古くからペヨーテなどの幻覚を起こす植物が知られていて宗教や儀式に使われてきた。…

※「DMT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

DMTの関連キーワードGSMダークファイバー光通信非同期通信全二重PAM搬送通信レーザー通信FDMASECAM

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DMTの関連情報