Desiderio

世界大百科事典内のDesiderioの言及

【ランゴバルド王国】より

…風習や人名も急速にゲルマン化する。こうしてイタリアの住民はついには,全イタリアの統一を企てたデシデリオDesiderio王(在位756‐774)とローマ教皇との確執を口実に軍事介入したカール大帝による征服(774)の直前には,ほとんど全員がランゴバルド人であると自覚するに至っていた。しかしこのような結果が可能となったのは7世紀の初期に決定的な変化が起こったからである。…

※「Desiderio」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android