コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Douglas,M. DouglasM

世界大百科事典内のDouglas,M.の言及

【文化人類学】より

…それは一口にいって認識にかかわる研究の傾向である。その一つは象徴人類学symbolic anthropologyと呼ばれるもので,C.ギアツ,シュナイダーD.Schneider,ターナーV.Turner,ダグラスM.Douglasなどを代表とする。彼らは文化をシンボル体系としてとらえようとする点で共通の立場に立っている。…

※「Douglas,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Douglas,M.の関連キーワードマクダネル・ダグラス米松アプロプリエーションDC沖ノ鳥島AIO(エーアイオー)シーナ&ロケッツ沖ノ鳥島ハートリー近似マクダネル・ダグラス[会社]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android