コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Eri Eri

世界大百科事典内のEriの言及

【エリダヌス座】より

…略号Eri。オリオン座の南西に連なる細長い星座。エリダノスĒridanosはギリシアの川の神の名であるが,エジプトではナイル川,バビロニアではユーフラテス川,ローマではポー川と,身近にある大河になぞらえている。α星アケルナルはこの星座の南端にあるが,川の果てという意味で,日本の本州からは見えない。β星はオリオン座のリゲルのそばにある。この星はクルサ(前の足台の意)と呼ばれるが,名まえが示すようにλ星,ψ星とともに以前はオリオン座に入れられていた。…

※「Eri」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Eriの関連キーワードERIホールディングス長谷川プルメリア依莉アメリカ アメリカフードケータリング水蝋樹介殻虫小蜂メリノー[種]三兵答古知幾鹿子円翅牙蛾エリダヌス座Charis日本ERIジフテリアアケルナー紅葉鬼督郵欧米植物群大赤夜盗蛾谷澤恵里香矢の根羊歯マライーニ久保絵理紗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Eriの関連情報