コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Eri Eri

世界大百科事典内のEriの言及

【エリダヌス座】より

…略号Eri。オリオン座の南西に連なる細長い星座。エリダノスĒridanosはギリシアの川の神の名であるが,エジプトではナイル川,バビロニアではユーフラテス川,ローマではポー川と,身近にある大河になぞらえている。α星アケルナルはこの星座の南端にあるが,川の果てという意味で,日本の本州からは見えない。β星はオリオン座のリゲルのそばにある。この星はクルサ(前の足台の意)と呼ばれるが,名まえが示すようにλ星,ψ星とともに以前はオリオン座に入れられていた。…

※「Eri」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Eriの関連キーワードheritage colorアスタリスク/アステリスクERIホールディングス長谷川プルメリア依莉水蝋樹介殻虫小蜂ランダムディザ法フレデリック大王ケリマライの泉エリダヌス座Charis白点黒夜盗蛾谷澤恵里香大赤夜盗蛾セリブ諸島久保絵理紗アケルナーマライーニ日本ERIチェリ僧院ラスター化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Eriの関連情報