Freycinetia

世界大百科事典内のFreycinetiaの言及

【ツルアダン】より

…タコノキ科のつる性木本植物で,その形状からツルダコと呼ばれることもある。常緑の低木状つる植物で,茎は木質化し,多数の線状披針形の葉をらせん状につける。葉は長さ60~100cm。雌雄異株。茎に数個が頂生状につく肉穂花序は,数枚の葉状の苞につつまれる。沖縄の石垣島および西表島,それに台湾に分布する。果実が食用とされることがあり,またときに観賞用に栽植される。 ツルアダン属Freycinetia(英名climbing screw‐pine)は東南アジアからオーストラリア,太平洋諸島に約60種あり,日本には小笠原諸島にツルダコF.boninensis Nakaiがある。…

※「Freycinetia」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android