コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GAU ガウGAU

デジタル大辞泉の解説

ガウ【GAU】[größter anzunehmender Unfall]

《〈ドイツ〉größter anzunehmender Unfall》原子力発電所で想定される最大規模の事故。→スーパーガウ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のGAUの言及

【キウィタス】より

…しかし,ともかく氏族制はすでに崩壊期に入りつつあり,前述のように,ある程度の階層分化が進行しており(貴族や自由人のほかに半自由人や奴隷もある),このことが政治団体としてのキウィタスの成立を可能にしたものと考えられる。旧説によると,キウィタスの内部には〈ガウGau(pagus)〉や〈フンデルトシャフト〉のような下部組織があり,このうちフンデルトシャフトは裁判団体としての意味をもっていたとされたが,最近の学説はこれらの下部組織の存在を否定する傾向にある。キウィタスが崩壊して,確立された王政を伴う部族国家が形成されるようになったのは,民族大移動期(4世紀後半から6世紀末まで)のことに属する。…

【ゲルマン人】より

…国家の最高意志は,支配者により一方的にきめられるのではなく,一定の資格をそなえた武装能力のある成年男子全体の総会である民会できめられた。キウィタス内部は,一般にはパグスpagusまたはガウGauと呼ばれる幾つかの小単位に分かれ,パグスはさらにフンデルトシャフトに分かれるといわれる。しかしこの三つの関係は必ずしも画一的でなく,ローマに近い南西部にあっては,キウィタスはおおむね小邦であり,キウィタスとパグスの領域が合致するもの,あるいはパグスとフンデルトシャフトとが合致するケースもまれではなかった。…

※「GAU」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

GAUの関連キーワードジャン=ポール・ゴルチエ・クラシックfree gauge trainダニエル コーン・ベンディットルンゲの法則(ゼーマン効果)左手のためのピアノ協奏曲ホーエンシュワンガウ城ホーエンシュバンガウ城和の法則(回転異性体)high gaugeシャルル・ドゴールlow gaugeベリングスハウゼン光輪のある自画像砂漠のテロリストリーヴ・ゴーシュガウスベルク岩ガウヤ国立公園ガウガメラの戦スーパーGAUガウンセー島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GAUの関連情報