事故(読み)じこ

精選版 日本国語大辞典「事故」の解説

じ‐こ【事故】

〘名〙
事柄の起こった理由。事のゆえ。わけがら。子細。
※令義解(718)賦役「凡丁匠赴役。有事故到闕功者。〈謂。身及親病之類也〉」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一三「止むを得さるの事故(ジコ)ありて外出す」 〔韓愈‐上張僕射書〕
② 悪い出来事。特に、人の意図によらずに起こった、正常な活動が損なわれるような事態。事件。アクシデント。故障。
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「詔曰、世諺云、歳在申年、常有事故
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「一旦事故(〈注〉フイノコト)あれば、忽ち赤貧となるもの、甚だ多し」 〔周礼‐秋官〕

こと‐ゆえ ‥ゆゑ【事故】

〘名〙
① ことの子細。さしさわり。別条。じこ。→ことゆえ無し
※百座法談(1110)三月二四日「もろもろの鬼神他方にはらひしりそけられて王躰(たまのすがた)つつがおはしまさず男官女識ことゆへ候らはじとなむおぼえ候」
② (形式名詞化した用法) 単にあることの理由をあらわす。…であるため。
※源氏(1001‐14頃)若紫「何か、浅う思ひ給へむ事ゆへ、かうすきずきしきさまを見えたてまつらむ」

じこ・る【事故】

〘自ラ五(四)〙 (「じこ(事故)」の動詞化) 事故、特に車の事故を起こす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事故」の解説

じ‐こ【事故】

思いがけず生じた悪い出来事。物事の正常な活動・進行を妨げる不慮の事態。「事故を起こす」「事故に遭う」「飛行機事故
事柄の発生した理由。わけ。子細しさい
「止む事を得ずこれを許可し―を三家…につぐるにぞ」〈条野有人・近世紀聞〉
[類語]事物事象物事現象出来事余事余所よそ他事他人事人事ひとごと雑事諸事事件時事事柄異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと用事珍事不祥事アクシデントハプニングセンセーション

こと‐ゆえ〔‐ゆゑ〕【事故】

よくないことが起こること。さしさわり。じこ。多く「ことゆえなし」の形で用いられる。
「相構へて、―なく返し入れ奉れ」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「事故」の解説

【事故】じこ

こと。ゆえ。変事。〔晋書、刑法志〕元康より以來、事故(しき)りに臻(いた)り、法禁漫なり。

字通「事」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android