事故(読み)じこ

精選版 日本国語大辞典「事故」の解説

じ‐こ【事故】

〘名〙
① 事柄の起こった理由。事のゆえ。わけがら。子細。
※令義解(718)賦役「凡丁匠赴役。有事故到闕功者。〈謂。身及親病之類也〉」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一三「止むを得さるの事故(ジコ)ありて外出す」 〔韓愈‐上張僕射書〕
② 悪い出来事。特に、人の意図によらずに起こった、正常な活動が損なわれるような事態。事件。アクシデント。故障。
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「詔曰、世諺云、歳在申年、常有事故
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「一旦事故(〈注〉フイノコト)あれば、忽ち赤貧となるもの、甚だ多し」 〔周礼‐秋官〕

じこ・る【事故】

〘自ラ五(四)〙 (「じこ(事故)」の動詞化) 事故、特に車の事故を起こす。

こと‐ゆえ ‥ゆゑ【事故】

〘名〙
① ことの子細。さしさわり。別条。じこ。→ことゆえ無し
※百座法談(1110)三月二四日「もろもろの鬼神他方にはらひしりそけられて王躰(たまのすがた)つつがおはしまさず男官女識ことゆへ候らはじとなむおぼえ候」
② (形式名詞化した用法) 単にあることの理由をあらわす。…であるため。
※源氏(1001‐14頃)若紫「何か、浅う思ひ給へむ事ゆへ、かうすきずきしきさまを見えたてまつらむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事故」の解説

じ‐こ【事故】

思いがけず生じた悪い出来事。物事の正常な活動・進行を妨げる不慮の事態。「事故を起こす」「事故に遭う」「飛行機事故
事柄の発生した理由。わけ。子細(しさい)。
「止む事を得ずこれを許可し―を三家…に(つぐ)るにぞ」〈条野有人・近世紀聞〉

こと‐ゆえ〔‐ゆゑ〕【事故】

よくないことが起こること。さしさわり。じこ。多く「ことゆえなし」の形で用いられる。
「相構へて、―なく返し入れ奉れ」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android