GPL(読み)ジー ピー エル

ASCII.jpデジタル用語辞典「GPL」の解説

GPL

Free Software Foundation(FSF)が策定した、フリーソフトのライセンス形式。GNUプロジェクトのソフトウェアの頒布のために作られたが、GNU以外の多くのオープンソース・ソフトウェアでも採用されている。ソフトウェアのコピーや再配布、ソースコードの改変などを第三者に認めるが、ソフトウェアの著作権は開発者に帰属しているとする。GPLに基づいて公開されたソフトウェアを改変して再頒布する場合は、GPLに従ってそのソースコードを公開することが求められる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「GPL」の解説

ジー‐ピー‐エル【GPL】[GNU General Public License]

GNU General Public License》米国FSF(フリーソフトウエア財団)が、オープンソースのソフトウエアについて定めたライセンスの一。グヌープロジェクトによるソフトウエア以外にも、同様のフリーソフトなどで採用される。グヌーGPL。グヌーライセンス。グヌー一般公的使用許諾。→グヌー(GNU)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android