コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GPL ジー ピー エル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

GPL

Free Software Foundation(FSF)が策定した、フリーソフトのライセンス形式。GNUプロジェクトのソフトウェアの頒布のために作られたが、GNU以外の多くのオープンソース・ソフトウェアでも採用されている。ソフトウェアのコピーや再配布、ソースコードの改変などを第三者に認めるが、ソフトウェアの著作権は開発者に帰属しているとする。GPLに基づいて公開されたソフトウェアを改変して再頒布する場合は、GPLに従ってそのソースコードを公開することが求められる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジー‐ピー‐エル【GPL】[GNU General Public License]

GNU General Public License》米国FSF(フリーソフトウエア財団)が、オープンソースのソフトウエアについて定めたライセンスの一。GNU(グヌー)プロジェクトによるソフトウエア以外にも、同様のフリーソフトなどで採用される。GNU GPL。GNUライセンス。GNU一般公的使用許諾。→グヌー(GNU)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

GPLの関連キーワードビジュアルプログラミング言語リチャード・ストールマンフリーソフトウェアHibernatelinuxconfBSDライセンスNucleusRedHatXOOPSJBossリナックスデミレルQEMULGPL茄子紺

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android