コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hippolytē Hippolyte

世界大百科事典内のHippolytēの言及

【ヒッポリュトス】より

…ギリシア伝説で,アテナイ王テセウスとアマゾンの女王ヒッポリュテHippolytēの子。処女神アルテミスを崇拝してもっぱら狩りに日を過ごしていたヒッポリュトスは,クレタ王ミノスの娘で父の後妻となったファイドラPhaidraの邪恋を退けたため,彼女は義理の息子に犯されたと偽りの手紙を残して自殺し,彼は父にのろわれて国払いの身となった。…

【ヘラクレス】より

…これはディオメデスが人肉を与えて飼っていた4頭の牝馬で,王はヘラクレスに殺されて馬の餌食にされた。(9)アマゾンの女王ヒッポリュテHippolytēの帯の奪取。アマゾンの国を訪れたヘラクレスに女王は帯を与えることを承諾したが,ヘラの陰謀で戦いがもちあがり,彼は女王を殺して帯を奪った。…

※「Hippolytē」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Hippolytēの関連キーワードヒッポリュトス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android