コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hofgericht Hofgericht

世界大百科事典内のHofgerichtの言及

【荘園法】より

… 荘園は中世初期から存在するが,荘園法が明確に成立するのは,農民層の共同体的結合によって,その法的地位が安定する中世盛期である。それは,荘園裁判所Hofgerichtを中心として領主を含む荘園住民が営む法生活の中で作り出していく在地の諸慣習の総体であり,当初は口頭で伝承されていた。12~13世紀に農民層の地位が向上して,その権利を確認しようとする動向が強まると,荘園法の成文化が始まる。…

※「Hofgericht」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Hofgerichtの関連キーワード神聖ローマ帝国家士法