コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家士法 かしほう Dienstrecht

1件 の用語解説(家士法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家士法
かしほう
Dienstrecht

中世ヨーロッパにおいて,国王および諸侯と,国王・諸侯の家に属する家士との間,および家士相互間の家士勤務関係を規定するために発達してきた法で,封建法と荘園法の混合した要素をもつ。家士法により家士知行とその世襲的保有を許され,かつ世襲にあたって武器装備提出の義務を負うが,封建関係の締結に必須な託身儀礼を行う必要はなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家士法の関連キーワード北ヨーロッパ城館西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシア領主権ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone