コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘園法 しょうえんほうHofrecht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘園法
しょうえんほう
Hofrecht

中世ヨーロッパにおいて荘園領主と荘民との関係,特に領主に対する荘民の諸義務や,荘民相互間の関係を規定してきたことから発達した法。荘園で毎年荘園の役人の質問 inquistioに対する解答として,荘民の首老に慣習法の判告をなさしめたことから,荘園法は成立した。荘園裁判所の裁判が法の宣明 Rechtsweistümerの形をとったこともあって,その完成された状態においては,荘園法の領主に対する拘束力はきわめて強いものとなった。荘園の農村法の記録であるバイステューマー (→ワイストゥーム ) が作成されはじめた頃から,荘園法は次第に変質していった。 (→本所法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうえんほう【荘園法 Hofrecht[ドイツ]】

ヨーロッパ中世で荘園の生活を律していた法。荘園は,領主による土地と人間に対する多様な内容と範囲の支配の場であり,また,領主は荘園を一つの領域として一定の公権力を行使していたから(これを領主制とよぶ),荘園法の対象となる人間と事象も一様ではなかった。人身的支配を受ける非自由人,土地保有農民などの領民だけでなく,荘園生活になんらかの形で関係を持つ外部者も,そのかぎりではこれに拘束された。さらに,中世の領主と農民の関係には双務性があったから,領主も荘園法に従わなければならなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の荘園法の言及

【本所法】より

…抽象的にいえば,撫民=再生産の維持と公平(くひよう)(年貢のこと)収奪の確保を中心とする。なお,本所法を荘園法という場合もあるが,荘園法と称するなら,国家が荘園を規制する法,荘園内住民の秩序としての法という側面をも考えねばならず,本所法の別称としてはあまり適切ではない。【羽下 徳彦】。…

※「荘園法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荘園法の関連キーワードベロー(Georg von Below)ホーフレヒト御成敗式目ゲルマン法ギルド秋月荘封建法家士法法圏安堵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android