コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ibas Ibas

世界大百科事典内のIbasの言及

【三章問題】より

…〈三章Tria Kephalaia〉(英語ではThree Chapters)とは,6世紀の単性論派論争においてネストリウス的異端の疑いをかけられた3人の神学者の人物と著作を指す。すなわちモプスエスティアのテオドロスの人と著作,テオドレトスがアレクサンドリアのキュリロスに反駁した著作,エデッサの主教イバスIbas(在位435‐457)がペルシアの一主教マリスMarisにあてた書簡である。これはユスティニアヌス帝の勅令(543‐544)およびコンスタンティノープルの第5回公会議(553)で異端とされたが,現在では一方的な断罪であったと考えられている。…

【バル・サウマー】より

…同派のペルシア領への拡大に尽力した。エデッサ主教イバスIbas(在位435‐457)の弟子。エフェソスの盗賊教会会議(449)で追放され,ペルシア領に亡命。…

※「Ibas」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ibasの関連キーワード台東区立江戸下町伝統工芸館ビー・エヌ・ピー・パリバソシエテ・ジェネラルブリヂストン(株)ネグリチュードバル・サウマーパリ国立銀行アフリカ文学久留米(市)小林賢太郎黒条姫大蚊石橋美術館石橋尊久黄翅挵蝶三章問題芝崎めぐジエゴ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android