コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JIT物流 JITぶつりゅう/じぇーあいてぃーぶつりゅう/じっとぶつりゅう just‐in‐time distribution system

1件 の用語解説(JIT物流の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

JIT物流

必要なモノを、必要な時に必要な量だけ配送する物流システム。トヨタのかんばん方式に代表されるJIT生産方式を応用したもので、小売店に対する定時配送、小口多頻度配送、欠品ゼロを実現しようとする試み。JIT物流は小売業の在庫を確実に削減するものだが、供給側の在庫や物流業務が過大になったりすれば、社会的にみて必ずしも望ましいとはいえなくなる。そこで重要になるのは、納入業者と小売店とがEDI(electronic data interchange)のようなコンピューターネットワークで結ばれており、POSデータ(POSシステム参照)を共有することによって発注業務を効率化するようなシステムが準備されることである。

(懸田豊 青山学院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JIT物流の関連キーワード整理(5S用語)具する具備軍資金ジャストインタイム方式取捨取捨選択ドラッグデリバリーシステム要用手続

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone