小売店(読み)コウリテン

  • こうりみせ

世界大百科事典 第2版の解説

小売業は貨幣の発明とともに始まるといわれるが,人間が経済生活を営むうえで欠くことのできなかったのが,この小売業であった。しかし社会が進歩し生産と文化が発展して人類生活様式複雑となるにつれて,この小売業を支える小売店の形態もまた変化し多岐にわたるようになった。近代的小売形態としてまず登場するのは百貨店であり,1860年代のフランス,アメリカ,イギリスなど先進諸国の大都市に出現した。以後の小売形態の革新流通革命がいち早く進行したアメリカで生じてくるが,百貨店に続いて1890年代にはチェーン・ストア通信販売業が出現し,また1930年代には食料品販売の革新的店舗としてスーパーマーケットが登場している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物品の小売をする商店。小売屋。こうりみせ。〔投機市場論(1926)〕
※小津桂窓宛馬琴書簡‐天保六年(1835)一月一一日「遠方小うり見せより日々さいそく被致」
※すみだ川(1909)〈永井荷風〉六「ごたごたした千束町の小売店(コウリミセ)の暖簾や旗なぞが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小売店の関連情報