コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kahanamoku,D. KahanamokuD

世界大百科事典内のKahanamoku,D.の言及

【サーフィン】より

…その後,1821年にヨーロッパからやってきた宣教師によって不道徳な遊びとして禁止されたが,20世紀に入ってから復活した。とくに,ハワイ出身でオリンピックの水泳100m自由型優勝者カハナモクDuke Kahanamokuが,1920年ワイキキに初めてサーフィン・クラブを作って以来,アメリカ本土でも愛好者が増加した。高波の打ち寄せる海岸ならばどこでもできるので,海水浴場の楽しみの一つとしてしだいに定着した。…

※「Kahanamoku,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Kahanamoku,D.の関連キーワードサーフィン水泳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android