コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Killian,G. KillianG

世界大百科事典内のKillian,G.の言及

【気管食道科】より

…下気道と食道の生理や病理を系統的にとらえようとする試みは古くからあったが,近代の気管食道領域の学問的確立は,気道・食道を検査する技術の発達によるところが大きい。19世紀初頭には,すでに他の内視鏡,主として膀胱や直腸などの内視鏡を応用して食道の検査が行われていたが,やがてキリアンGustav Killian(1860‐1921)によって,気管支に直接,管を通して観察する気管支鏡が考案された。日本へは1934年小野譲(1898‐1988)がアメリカからジャクソン型直達鏡を紹介,それが改良されて普及するようになった。…

※「Killian,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Killian,G.の関連キーワード気管食道科

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android