コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集合行動 しゅうごうこうどう collective behaviour

3件 の用語解説(集合行動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集合行動
しゅうごうこうどう
collective behaviour

確立された社会的規範にそった秩序だった組織的行動と区別される集団的行動をいい,群衆行動大衆運動などを包含する上位概念である。集合行動を他から区別する特徴は,(1) 多数の人間が興奮状態にあり互いに刺激し合い,そのなかから共通のムードが生れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうごうこうどう【集合行動 collective behavior】

無規定で無構造の状況に対応すべく行動する集合的期待様式。この言葉は1920年代にアメリカ社会学,とくにR.E.パーク,E.W.バージェスらによってはじめて使用されるようになり,60年代にスメルサーNeil J.Smelser,ケニストンKenneth Kenistonらによって展開された。次のものを含む。(1)パレードやデモなどの街頭の群集行動,災害時のパニック,宗教的興奮のような表出的な群集行動,攻撃的な群集行動などのように,比較的密集した人々の無定形で未組織の行動,(2)ひろく散在しているが,新聞などを通じて,ある争点をめぐって論争し世論をつくる公衆やその世論の動き,(3)改良運動や革命運動のような組織的社会運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集合行動
しゅうごうこうどう
collective behavior

広義には未組織の群集行動と組織された社会運動をともに含む概念。したがって、災害時のパニック、ええじゃないか踊りのような踊狂(ようきょう)dancing mania、宗教の集団的法悦、大流行やブーム、世論形成やデマの流れ、人種暴動や一揆(いっき)のような敵意を噴出する行動、各種の改良運動、社会の各分野の組織運動、革命など、未組織的および組織的な運動現象を広く意味する社会学的概念である。狭義には未組織のものだけをさす場合がある。この概念は1920年代のアメリカ社会学によって提唱され、今日に至った。当初の考え方によれば、集合行動はいくつかの段階を通って発達していくものである。すなわち、(1)従来の制度がうまく働かない社会的不安定の段階、(2)不安定状態に対して未組織の探索行動や群集行動が生じてくる段階、(3)未組織の集合行動が組織化されていく段階、(4)組織された集合行動が新しい制度となって定着する段階、がそれである。このような段階を通って、社会は古い秩序から新しい秩序へと変化していくとみられ、集合行動は新しい秩序の形成を推進するものと考えられた。そして人々が集合行動のなかで一斉に同じ行動をするのは、同一の行動傾性が解発releaseされる結果であるとか、あるいは気分や情緒が社会的に感染する結果であると説明された。
 しかし、今日では、この種の考え方は批判され修正されるに至った。第一に、集合行動の発達段階は必然的な成り行きではない。たとえば、公衆がその集合行動をどのように評価しレッテルを貼(は)るか、というような外からの反応によって、集合行動の性格やコースが規定されるという側面が注目されている。第二に、人々が一斉に同じ行動をするのは、人々の相互作用のなかから新しい社会規範が創発してきて、それに人々が従って行動するからである、という創発規範説が提唱されている。[塩原 勉]
『N・J・スメルサー著、会田彰・木原孝訳『集合行動の理論』(1973・誠信書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の集合行動の言及

【パニック】より

…経済学では〈経済恐慌〉を意味するが,社会学や心理学では不特定多数の群衆が引き起こす〈集合行動collective behavior〉の一種をパニックと呼んでいる。ギリシア神話における羊や牛の守護神パンPanに起源をもつ。…

※「集合行動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

集合行動の関連キーワード購買状況による細分化バラエティ・シーキング型購買行動機に乗じる即応弾力的敏速疾速部隊行動基準ビジョナリー・リーダーシップジョーンズ行列

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集合行動の関連情報