コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Klebs,E. KlebsE

世界大百科事典内のKlebs,E.の言及

【ジフテリア】より

法定伝染病の一つ。ジフテリア菌Corynebacterium diphtheriaeは1883年ドイツのクレプスEdwin Klebs(1834‐1913)により患者の偽膜から発見されたグラム陽性の杆菌で,大きさ2~5μm×0.5~1.0μm,菌体内に異染小体とよばれる顆粒をもつ。ジフテリアは患者や保菌者からの飛沫感染によっておもに冬季に発病する。…

※「Klebs,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Klebs,E.の関連キーワードジフテリア菌C‐N率ジフテリア

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android