コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドリムシ Euglena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミドリムシ
Euglena

原生生物界鞭毛虫類ミドリムシ科ミドリムシ属に属する種類の総称。ユーグレナともいう。体長 0.02~0.5mm。体は紡錘形で,なかには一端が伸びるものもある。長い鞭毛を 1本もち,その基部は鞘に入っている。葉緑素光合成を行ない,セルロース質の細胞壁をもつ点では植物的であるが,口や収縮胞があり,自由に運動する点では動物的である。眼点は明瞭。縦分裂によって無性的に繁殖する。多くはやや富栄養の水溝や養魚池,堀などに発生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミドリムシ

淡水で育ち、体長約0・05ミリ。二酸化炭素と水、光があれば光合成しながら成長する植物の性質と、自分で動き回る動物の性質を併せ持つ。ビタミンミネラルアミノ酸などさまざまな栄養分を作ることができる。機能性食品、食品、飲料化粧品などに使われている。

(2014-03-25 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミドリムシ

原生動物植物性鞭毛(べんもう)虫綱。ユーグレナとも。体は紡錘形で体長60〜75μm。大型の種類では400μmになる。体の前端に1本の鞭毛を生じ,その基部付近に赤い眼点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミドリムシ
みどりむし / 緑虫
[学]Euglena

ミドリムシ植物の1属の総称。ユーグレナともいう。体内に葉緑体をもち、光合成を行うという点からは植物といえるが、体を包む細胞壁がなく、鞭毛(べんもう)で遊泳するという点では動物ともいえる。このため、現在でも植物として扱われたり、原生動物鞭毛虫類の一員として扱われたりしている。なお、ミドリムシはタンパク質性の外皮をもつが、これは細胞膜の内側にあるため細胞壁とはいいがたい。体は単細胞で、多くは細長い紡錘形である。体の先端に貯胞とよばれる大きな穴があり、その底から長くて太い1本の鞭毛が出ているが、電子顕微鏡による観察では、さらにもう1本の短い鞭毛のあることが確かめられている。貯胞は収縮胞からの排水場で、物を食べる口ではない。また、ミドリムシは鞭毛や収縮胞以外に、眼点、葉緑体、核などの細胞器官と貯蔵物質のパラミロンをもっている。
 世界で約150種ほどが知られているが、分類は、おもに葉緑体やパラミロンの形を基準にして行われている。体も大形なため、一見、分類は容易のように思えるが、体が伸縮するほか、葉緑体の形も見分けにくいため、日本で生育する種類もまだよく調べられていないのが実情である。湖沼、池、水たまりなどの淡水域に広く分布するが、多くの種は、清水よりも有機物を含む汚れた水に生育する。とくに夏季に大発生したとき、いわゆる「水の華(はな)」といわれる状態となる。種類によっては培養しやすいため、研究用、教材として多用されてきた。とりわけ、鞭毛運動の観察、走光性の実験などではなじみの深い生物である。なお、ミドリムシの走光性とは、眼点で光を感じ取り、光のくる方向に泳ぐ性質のことである。[小林 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミドリムシの関連キーワードウチワヒゲムシ(団扇鬚虫)ミドリムシ(緑虫)日本ベンチャー大賞植物性鞭毛虫類微生物遺伝学プランクトンカロチノイドパラミロン独立栄養無性世代目(め)原生動物原生生物水の華配偶子淡水藻鞭毛虫目∥眼走触性淡水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミドリムシの関連情報