コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lounsbury,F.G. LounsburyFG

世界大百科事典内のLounsbury,F.G.の言及

【親族名称】より

…また,オマハ型親族名称に分類される名称体系を比較すると,母の兄弟とその息子が同一名称で呼ばれることを除くと偏差が著しく,体系全体としての共通性がないとした。グディナフWard H.GoodenoughやラウンズベリーFloyd G.Lounsburyは親族名称を,親族関係者という意味領域が比較的多数の語彙によって範疇化される民俗分類の体系であるとして,各語彙に中心的意味を設定し,多義的名称も限られた拡大・還元の規則によって構成されるとした。ラウンズベリーによれば,クロウ・オマハ両類型は世代斜行(異世代の親族的範疇が一つの名称でくくられる形式)の規則によってそれぞれ4亜型に分類されるという。…

【認識人類学】より

…その方法上の特徴は〈内側の視点insider’s view〉と〈民俗範疇folk category〉の重視という2点に要約される。 1955年にコンクリンH.C.Conklinはミンドロ島(フィリピン)のハヌノー・マンヤン族における植物の分類体系の研究を発表し,その翌年には,グディナフW.H.GoodenoughとラウンズベリーF.G.Lounsburyがそれぞれ独立に,親族名称を,親族関係者が系譜的に配列される意味の(言語の)体系としてとらえ,その内的構造を分析する研究を発表した。この時期が認識人類学の出発点と考えられている。…

※「Lounsbury,F.G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Lounsbury,F.G.の関連キーワード認識人類学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android