MAS(読み)エムエーエス

世界大百科事典内のMASの言及

【魚雷艇】より

…水雷艇は1877年にイギリスで初めて建造されたが,それが大型化したのが駆逐艦であり,小型のまま高速化したのが魚雷艇である。第1次世界大戦のイギリスのCMB(coastal motor boat),イタリアのMAS(motoscafi antisommergibili)が初期の魚雷艇の代表的なものである。第2次大戦ではアメリカのPT(patrol boat torpedo),イギリスのMTB(motor torpedo boat),ドイツのSボート(Schnellboot)などが,魚雷2~4本,機銃2~4基を持ち,特殊な船型,軽構造の船体に軽量大馬力の高速機関を備え,40ノット前後の高速を出して,イギリス海峡や南太平洋などで活動した。…

【駆潜艇】より

…第1次世界大戦中,ドイツ潜水艦の攻撃に対抗するために連合国は,爆雷を主兵装とした局地用の小型艇を建造,駆潜艇と称した。イタリアのMAS(motoscafi antisommergibili)はその代表である。その後,艇を大きくし航洋性をもたせ,沿岸の対潜哨戒や船団護衛に使用するようになり,500トンを超すくらいの艇も出現した。…

※「MAS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MASの関連情報