Meselson,F.(英語表記)MeselsonF

世界大百科事典内のMeselson,F.の言及

【遺伝的組換え】より

…この研究以後,細菌や高等生物においても遺伝子内組換えを利用して,遺伝子の内部構造の解析が行われるようになった。
[遺伝的組換えの分子機構]
 メセルソンF.MeselsonとワイグルJ.Weigleは,目で見て区別できる変異をもつλファージを用い,さらに,非放射性同位体(12Cに対して13C,14Nに対して15N)によってDNAの密度を変えられることを利用して,遺伝的組換え(この場合は染色体内組換えに相当する)がDNAの切断と再結合によって起こることを示した(1961)。メセルソンとラディングC.M.Raddingはこの研究結果を基盤にして,現在のところ最も広く受け入れられている染色体内組換えの分子機構(図1)を提唱した(1975)。…

※「Meselson,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android