DNA複製(読み)ディーエヌエーふくせい(英語表記)DNA replication

世界大百科事典 第2版の解説

ディーエヌエーふくせい【DNA複製 DNA replication】

DNAは遺伝情報を担う物質であるので,DNA複製は遺伝情報の複製すなわち遺伝子複製とほぼ同義であり,生命を特徴づける最も基本的機能の一つである。20世紀の中ごろ,種々の実験からDNAが遺伝物質として確定されたが,遺伝情報がどのような形で蓄えられているのかということとともに,莫大な量の情報がいかにして正確に複製され分配されるのかという問題は不明のままで残った。1953年にJ.D.ワトソンとF.H.C.クリックによって発表されたDNAの構造モデル(二重らせん)は,これらの問題に対する大きな突破口となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android