コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Meyer-Schwickerath,G. MeyerSchwickerathG

世界大百科事典内のMeyer-Schwickerath,G.の言及

【光凝固】より

…光線以外に到達が不可能ともいえる眼底の疾患に対し,病巣の破壊,病勢の進行阻止および好転を図る眼科独特の,直接的な手術である。光凝固は,日食性網膜炎(日食の観察の際に起こる網膜炎)の研究がきっかけとなり,1949年にマイヤー・シュウィッケラートGerhard Meyer‐Schwickerath(1920‐58)によって基礎がひらかれた。ごく初期には実際の太陽光を用いたというが,まもなくキセノンランプを光源とする装置が実用化され,さらに近年のレーザーの開発・応用によって,現在ではアルゴンレーザー光凝固装置が主として用いられる。…

※「Meyer-Schwickerath,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Meyer-Schwickerath,G.の関連キーワード光凝固イオン交換膜メンデレーエフロスチャイルド家マイヤー百科事典ロスチャイルド[家]グロピウス最少養分律チオフェンドゥーデン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android