コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mimulus Mimulus

世界大百科事典内のMimulusの言及

【ミゾホオズキ】より

…山地の谷川ぞいや湿った場所に生育するゴマノハグサ科の軟質の多年草。茎は枝を分かち延び広がり,長さ10~30cmになり葉を対生する。葉は小さく,卵形から楕円形で長さ1~4cm,縁に少数の鋸歯がある。初夏に各葉腋(ようえき)に1花をつける。花は黄色で,花冠は基部が筒状,先端部は唇形に広がり5裂し,長さ15mmほど。おしべは4本。めしべの柱頭は2片に裂け広がっているが,それに触れると2片が急に閉じるように運動する。…

※「Mimulus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Mimulusの関連キーワード黄縁円頸隠翅虫大葉溝酸漿溝酸漿

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android