コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝酸漿 ミゾホオズキ

デジタル大辞泉の解説

みぞ‐ほおずき〔‐ほほづき〕【溝酸漿】

ゴマノハグサ科の多年草山野水辺に生え、高さ10~30センチ。葉は対生し、卵形。夏、黄色い花を開く。実はホオズキのように袋状に大きくなった(がく)に包まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぞほおずき【溝酸漿】

ゴマノハグサ科の多年草。水湿地に生える。高さ約15センチメートル。葉は卵状楕円形。夏、葉腋に黄色の花をつける。萼がくは広卵形となって果実を包みホオズキに似る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

溝酸漿 (ミゾホオズキ)

学名:Mimulus nepalensis var.japonicus
植物。ゴマノハグサ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

溝酸漿の関連キーワード広卵形葉腋果実

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android