コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝酸漿 ミゾホオズキ

2件 の用語解説(溝酸漿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みぞ‐ほおずき〔‐ほほづき〕【溝酸漿】

ゴマノハグサ科の多年草。山野の水辺に生え、高さ10~30センチ。葉は対生し、卵形。夏、黄色い花を開く。実はホオズキのように袋状に大きくなった萼(がく)に包まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みぞほおずき【溝酸漿】

ゴマノハグサ科の多年草。水湿地に生える。高さ約15センチメートル。葉は卵状楕円形。夏、葉腋に黄色の花をつける。萼がくは広卵形となって果実を包みホオズキに似る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溝酸漿の関連キーワード畦菜海蘭菊唐草九蓋草鍬形草小米草胡麻の葉草鷺苔瑠璃虎の尾塩竈菊