コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾホオズキ ミゾホオズキ Mimulus nepalensis var. japonicus

4件 の用語解説(ミゾホオズキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾホオズキ
ミゾホオズキ
Mimulus nepalensis var. japonicus

ゴマノハグサ科の多年草で日本全土,東アジアヒマラヤに分布する。谷川や溝のほとりに生える。茎は高さ 10~30cmでよく分枝し,4稜があって軟質である。葉は対生で上部のもののみ無柄,長さ2~4cmの卵形広楕円形で先はとがり,縁にあらい鋸歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミゾホオズキ

ゴマノハグサ科の多年草。日本全土,東アジアの山地の水湿地にはえる。全草無毛で柔らかい。茎は下部で分枝し,高さ10〜30cm,卵形で長さ2〜4cmの葉を対生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミゾホオズキ【Mimulus nepalensis Benth.var.japonicus Miq.】

山地の谷川ぞいや湿った場所に生育するゴマノハグサ科の軟質の多年草。茎は枝を分かち延び広がり,長さ10~30cmになり葉を対生する。葉は小さく,卵形から楕円形で長さ1~4cm,縁に少数の鋸歯がある。初夏に各葉腋(ようえき)に1花をつける。花は黄色で,花冠は基部が筒状,先端部は唇形に広がり5裂し,長さ15mmほど。おしべは4本。めしべの柱頭は2片に裂け広がっているが,それに触れると2片が急に閉じるように運動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾホオズキ
みぞほおずき / 溝酸漿
[学]Mimulus nepalensis Benth.

ゴマノハグサ科の多年草。全草、柔らかい。茎は多く枝分れして広がり、長さ10~30センチメートル。葉は対生し、卵形で長さ1~4センチメートル、幅0.5~2センチメートル、縁(へり)に少数の鋸歯(きょし)がある。夏、葉腋(ようえき)に黄色花を開く。花冠、萼(がく)ともに筒状で、萼の先に5個の突起がある。果実はホオズキに似ており、袋状に肥大した萼に包まれる。山地の水湿地に生え、日本、および朝鮮半島、中国、ヒマラヤに分布する。名は溝に生えるホオズキの意味である。ミゾホオズキ属は北アメリカを中心に約100種知られ、一部は観賞用に栽培される。オオミゾホオズキM. sessilifolius Maxim.は日本海側の山地の水湿地に生え葉は柄がなく、花は大きい。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミゾホオズキの関連キーワード乾生植物中生植物ハンカイソウミヤマトベラ乾生湿生植物栴檀草山芹溝苺繋キクガラクサ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone