コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Oughtred,W. OughtredW

世界大百科事典内のOughtred,W.の言及

【計算尺】より

…乗除算をはじめとし,平方,立方,三角関数などの計算を簡便にできるようにくふうされた器具。1620年,イギリスのガンターEdmund Gunter(1581‐1626)の考案した対数目盛を応用したものが計算尺の原型で,その後オートレッドWilliam Oughtred(1574‐1660)らによって改良が加えられ,カーソルがついた現在の形の計算尺は,1850年ころフランスのマネームAmédée Mannheim(1831‐1906)のものが最初である。固定された台尺とこれに平行に動かせる滑尺と呼ばれる2種類のものさしからなり,どちらにも同じ尺度の目盛が刻まれていて,一方を滑らせ目盛を合わせることにより,対数の値の加減を求めて2数の積と商を計算することができる。…

【数学記号】より

…J.ネーピアの対数についての本の英訳(訳者はライトE.Wright)の第2版(1618)への付録でxが乗法記号に使われた。×を最初に使ったのはオートレッドW.Oughtred(1574‐1660)であろうといわれている(1631)。記号×はもともといろいろな意味に利用された。…

※「Oughtred,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Oughtred,W.の関連キーワード計算尺数学記号

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone