コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Our Lady OurLady

世界大百科事典内のOur Ladyの言及

【マリア】より

と略す)などと呼び,マリアということはむしろ少ない。西方ではとくに12世紀以降,騎士道の隆盛とともに〈われらの婦人〉,すなわちノートル・ダムNotre Dame(フランス語),ヌエストラ・セニョーラNuestra Señora(スペイン語),ウンゼレ・リーベ・フラウUnsere Liebe Frau(ドイツ語),アワー・レディOur Lady(英語)など,またイタリアではやや遅れてマドンナとも呼ばれた。また処女のままみごもったとされるところから,マリアは〈処女〉を意味する語によっても示される(英語のthe Virginなど)。…

※「Our Lady」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Our Ladyの関連キーワードクトナートリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会ラッセル(Ken Russell)新しいシオンの聖マリア教会リー(Peggy Lee)マリア(キリストの生母)ファッション・ブックモータウン・レコードシオンの聖マリア教会プレミンジャーノートル・ダムスタージェスキューカーロシア映画シェリフキャザー闇の聖母ルビッチドゥミ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Our Ladyの関連情報