コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SOS エスオーエス

7件 の用語解説(SOSの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SOS
エスオーエス

絶縁体であるサファイア単結晶基板上にエピタキシャル技術によって成長させたシリコン単結晶薄膜をさす。 silicon on sapphireの略称。通常このシリコン薄膜に素子を組み込んで集積回路を構成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エス‐オー‐エス(SOS)

無線電信で、遭難を伝えるモールス符号。船舶・航空機が救助を求める際に発した。1999年以降、モールス符号は廃止され、GMDSSが用られるようになった。
緊急の救助を求める状態にあること。
[補説]俗にsave our souls(ship)またはsuspend other serviceの略といわれるが、それらとは関係なく、モールス符号の「 ・・・ (S) ‐ ‐ ‐ (O) ・・・ (S)」という注意を引きやすい組み合わせとしたもの。

エス‐オー‐エス【SOS】[silicon on sapphire]

silicon on sapphire》サファイア単結晶基板上にシリコン単結晶を気相成長させた構造。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

SOS【エスオーエス】

無線電信による船および航空機の遭難信号モールス符号では〈… −−− …〉の判別しやすい組合せになる。重大かつ急迫の危険に陥り自力で脱しえないとき,または他船がこのような状態にあって自ら発信できないことを認めたとき以外発信できない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

SOS

スウェーデンの4人組コーラス・グループ、アバの曲。1975年9月発表。全米第15位・全英第6位を記録。ドイツほかヨーロッパ全土でヒットとなった。原題《SOS》。

SOS

日本のポピュラー音楽。歌はJ-POPグループ、SEKAI NO OWARI。2015年発売。作詞:Saori、英語補作詞:Nelson Babin-Coy、作曲:Fukase。同年公開の映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド」の主題歌

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

SOS
えすおーえす

船舶または航空機が重大な危険に陥り、救助を求める際に発する無線電信による遭難通信の信号。無線電話の場合にはメイ・デイMay-Dayを用いる。1906年のベルリン第1回国際無線電信会議まではCQD(Come quick, dangerの略)が用いられていたが、モールス符号として聞き取りにくいことから、この会議でSOS(…―――…)が採用されることになった。理由は、発信も簡単で、受信にあたっても間違いを生じないことである。Save our soul.またはSave our ship.の頭文字というのは俗説である。船舶のSOSに用いられる周波数は、A2電波(振幅変調による電信用電鍵(でんけん)操作電波)とB電波(火花放電による電波)では500キロヘルツ、A1電波(電鍵操作だけで断続伝送ができる電波)では2091キロヘルツである。航空機では、その航空機に指定された周波数か、または500キロヘルツを用いることになっている。SOSは船舶、航空機の通信中で最優先の順位を与えられている。ある船舶または航空機からSOSが発せられたことが確認されると、他の船や航空機は、遭難船(または機)との通信以外には同一周波数の使用が禁じられ、救助のために最善の措置を講じなければならない。
 長期間使用されたSOSは、新しい救難通信システムのGMDSS(Global Maritime Distress and Safety System、全世界的海上安全制度)の普及に伴い、日本では1999年(平成11)2月1日以降使用されなくなった。このことは世界海事機関(IMO)の決定によるものであり、日本もGMDSSへの切り換えを行ったが、モールス信号を廃止していない国もある。[飯島幸人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のSOSの言及

【集積回路】より

…通常はICと略称され,〈二つ,またはそれ以上の回路素子のすべてが,一つの基板上または基板内に組み込まれている回路であり,設計から製造,試験,運用に至るまで各段階で一つの単位として取り扱われるもの〉と定義されている。ここで基板substrateというのは,トランジスターやICがその上に形成される単結晶素材で,通常は元素半導体であるシリコンが使用されるが,高性能ICに対しては,化合物半導体であるガリウムヒ素GaAsが使用される。…

※「SOS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

SOSの関連キーワード印刷電信モールス符号電信機トンツー無線無線電信有線電信電信符号モールス信号無線電信法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

SOSの関連情報