コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイルダー ワイルダー Wilder, Billy

11件 の用語解説(ワイルダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイルダー
ワイルダー
Wilder, Billy

[生]1906.6.22. オーストリア,シュハ
[没]2002.3.27. アメリカ合衆国カリフォルニアビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の映画監督。本名 Samuel Wilder。1933年ドイツから亡命。ハリウッドではシナリオライターチャールズブラケットとの名コンビで『失われた週末』The Lost Weekend(1945,アカデミー賞作品賞,監督賞,脚色賞),『サンセット大通り』Sunset Boulevard(1950,アカデミー賞オリジナル脚本賞)などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワイルダー
ワイルダー
Wilder, Harris Hawthorne

[生]1864.4.7. メーンバンガー
[没]1928.2.27. ノーサンプトン
アメリカの動物学者,人類学者。スミス大学教授。個体識別,人種差の研究,霊長類の系統分類などに指・掌紋を応用した業績で知られる。主著"History of Human Body" (1909) ,"The Pedigree of the Human Race" (26) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワイルダー
ワイルダー
Wilder, Thornton (Niven)

[生]1897.4.17. ウィスコンシンマジソン
[没]1975.12.7. コネティカットニューヘーブン
アメリカの小説家,劇作家。父が総領事をしていた中国で幼年時代を過した。エール大学卒業後,教師をつとめながら書いた小説『サン・ルイス・レイ橋』 The Bridge of San Luis Rey (1927,ピュリッツァー賞) で一躍有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワイルダー
ワイルダー
Wilder, Gene

[生]1935.6.11. ウィスコンシン,ミルウォーキー
アメリカ合衆国の喜劇俳優。本名 Jerome Silberman。1955年演劇学士号を取得してアイオワ大学を卒業。1961年ニューヨークアクターズ・スタジオに入り,リー・ストラスバーグに師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワイルダー(Billy Wilder)

[1906~2002]米国の映画監督。オーストリア生まれ。作「サンセット大通り」「昼下りの情事」「アパートの鍵貸します」など。

ワイルダー(Thornton Niven Wilder)

[1897~1975]米国の小説家・劇作家。小説「サン‐ルイ‐レイの橋」、戯曲「わが町」「危機をのがれてミスター人類)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワイルダー

米国の映画監督。ウィーン生れ。ウィーン大学中退後,新聞記者ダンサーなどをへて脚本家となる。ナチスの台頭により米国に亡命。師匠にあたるE.ルビッチの《青髭八人目の妻》(1938年),《ニノチカ》(1939年)などの脚本を担当する。
→関連項目シュトロハイム

ワイルダー

米国の作家,劇作家。大学卒業後教師となり,18世紀ペルーを舞台とする《サン・ルイス・レイ橋》(1927年)で有名になる。また戯曲《わが町》(1938年),《危機をのがれて》(1942年)などで新しい手法を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワイルダー【Billy Wilder】

1906‐2002
アメリカの映画監督。脚本家としても知られる。エルンストルビッチの後継者として軽妙洒脱な艶笑喜劇の名匠であるとともに,1940‐50年代のハリウッドの〈フィルム・ノワール〉の名匠でもあった。いわゆる〈ウィーン派〉の監督の一人である。ウィーンに生まれ,法律を学ぶつもりでウィーン大学に入るが,1年で退学。新聞記者となり,ベルリンで収入を補うためホテルのダンサーとなってジゴロ的な生活を送りながら映画脚本家を志し,やがてロバートシオドマク監督のセミ・ドキュメンタリー映画《日曜日の人々》(1929)の脚本に協力する。

ワイルダー【Thornton Niven Wilder】

1897‐1975
アメリカの劇作家,小説家。戯曲では,田舎町の住民の日常生活,結婚,死を描いた《わが町》(1938初演)が最も有名。これは舞台監督と称する人物が観客に直接語りかけて事件の時や場所を自由に指定し,人物のしぐさによって小道具の存在を示すなど,リアリズムの手法を脱したところに特徴がある。ほかには,人類が一連の危機をからくも逃れてきた経過を描いた《危機一髪》(1942)や,ミュージカルハロードーリー!》(1964)の原作となった喜劇《結婚仲介者》(1954),一幕劇多数がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ワイルダー【Wilder】

〔Billy W.〕 (1906~2002) アメリカの映画監督。オーストリア生まれ。才気あふれる作風で知られ、後期は都会的喜劇に手腕を発揮。代表作「失われた週末」「サンセット大通り」「お熱いのがお好き」「アパートの鍵貸します」
〔Laura Ingalls W.〕 (1867~1957) アメリカの児童文学作家。代表作「大草原の小さな家」
〔Thornton Niven W.〕 (1897~1975) アメリカの作家。愛・孤独・死などをテーマにした作品でアメリカ現代文学に特異な位置を占める。小説「サン-ルイス-レイの橋」、戯曲「わが町」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のワイルダーの言及

【喜劇映画】より

…ドイツでサイレント時代から喜劇を撮り続けてきたルビッチは,1923年にアメリカへ移った。得意のジャンルは洗練された艶笑譚だが,ルビッチの後継者ビリー・ワイルダーは,艶笑味よりも,《アパートの鍵貸します》(1960)以降の,人情喜劇に本領を発揮した。プレストン・スタージェスは,日本公開は《結婚五年目》(1942),《殺人幻想曲》(1948)の2本のみだが,しんらつな喜劇作家として定評がある。…

【サンセット大通り】より

…ハリウッドの内幕を描いたビリー・ワイルダー監督による1950年製作のアメリカ映画。《熱砂の秘密》(1943),《深夜の告白》(1944),《失われた週末》(1945)等々に次ぐワイルダーとチャールズ・ブラケット(1892‐1969)の名コンビが,2年来あたためていたシナリオ《豆の缶詰》に〈タイム・ライフ〉の記者であり映画批評家だったD・M・マーシュマン・ジュニアのアイデアをとり入れ,3人で共同執筆(アカデミー原作ストーリー賞および脚本賞受賞)。…

【シオドマク】より

…舞台の俳優,演出家,プロデューサーから,1925年,アメリカ映画のドイツ語版の字幕制作者としてウーファ社に入り,助監督,編集者,脚本家を経て,29年,記録映画の手法による実験的な長編《日曜日の人々》をエドガー・ウルマー(1904‐72)と共同監督。脚本に協力したビリー・ワイルダー,撮影に協力したオイゲン・シュフタン(1893‐1977)とフレッド・ジンネマンの映画界における出発点となった作品でもある。その後,もっぱら〈サスペンス・スリラー〉をつくるが,ユダヤ人であるために《激情の嵐》(1932)が不健全であるとゲッベルスに弾劾され,ナチスが政権を握った33年,フリッツ・ラングなどのユダヤ人芸術家と同じようにパリへ逃れ,《フロウ氏の犯罪》(1935)など数本のフランス映画を撮った。…

【スリラー映画】より

…さらにヨーロッパからハリウッドへ亡命あるいは移住してきた若い監督たちが,そのみずみずしいヨーロッパ感覚で,それまでアメリカ映画にはなかったまったく異質の心理的スリラーをつくって大きな刺激を与えたこともあった。オットー・プレミンジャー監督の《ローラ殺人事件》(1944),フリッツ・ラング監督の《飾窓の女》(1944),ビリー・ワイルダー監督の《深夜の告白》(1945),ロバート・シオドマク監督の《らせん階段》(1945)等々がそれである。 いわゆる〈セミ・ドキュメンタリー〉の手法を用いたスリラー映画も流行し,FBIの記録にもとづく《Gメン対間諜》(1945),実際の殺人事件を描いた《影なき殺人》(1947),集団脱獄事件を描いた《真昼の暴動》(1947),殺人犯の追跡を描いた《裸の町》(1948),FBIの記録による《情無用の街》(1948)などがつくられ,ルイ・ド・ロシュモントLouis de Rochemont(1899‐1978)のセミ・ドキュメンタリー・スタイルのニュース映画《ザ・マーチ・オブ・タイム》(1935‐51)に示唆されたといわれるこれらの映画の傾向は〈ニュー・リアリズム〉ともよばれた。…

【フィルム・ノワール】より

… 1945年にマルセル・デュアメル監修でパリのガリマール社から発売された有名な犯罪推理小説叢書〈セリ・ノワール(暗黒叢書)〉にあやかって,〈ノワール(暗黒)〉の形容がアメリカの犯罪スリラー映画に対するオマージュとして使われるようになった。具体的には,映画研究誌《ラ・ルビュ・デュ・シネマLa Revue du Cinéma》(第2号,1946年11月号)にジャン・ピエール・シャルティエという批評家が,ジェームズ・M.ケーンの小説《殺人保険》の映画化であるビリー・ワイルダー監督の《深夜の告白》(1944)と同じビリー・ワイルダー監督のアルコール中毒患者を描いた《失われた週末》(1945)およびレーモンド・チャンドラーの小説《さらば愛しき女よ》の映画化であるエドワード・ドミトリク監督の《欲望の果て》(1944)をめぐって,〈アメリカ人もまたノワールの映画(フィルム)をつくる〉という批評を書き,それが〈フィルム・ノワール〉の語源とされている。このフランス語の呼称がそのままアメリカでも使われるようになって今日に至っている。…

※「ワイルダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワイルダーの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

ワイルダーの関連情報