コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Pe‐Ce繊維 ペーツェーせんい

1件 の用語解説(Pe‐Ce繊維の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペーツェーせんい【Pe‐Ce繊維】

1939年にドイツのイーゲー・ファルベン社でつくられた塩素化ポリ塩化ビニル繊維。ポリ塩化ビニルの塩素含有率は56.8%である。これをさらに塩素と反応させて,塩素含有率64%まで高め,アセトン可溶のポリマーとし,紡糸した。ろ布,防水布,耐火服などに使用されたが,現在は生産されていない。【瓜生 敏之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Pe‐Ce繊維の関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40電気事業源氏物語アップルトンイシャウッド九州大学ソ・フィン戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone