コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Pe‐Ce繊維 ペーツェーせんい

世界大百科事典 第2版の解説

ペーツェーせんい【Pe‐Ce繊維】

1939年にドイツのイーゲー・ファルベン社でつくられた塩素化ポリ塩化ビニル繊維。ポリ塩化ビニルの塩素含有率は56.8%である。これをさらに塩素と反応させて,塩素含有率64%まで高め,アセトン可溶のポリマーとし,紡糸した。ろ布,防水布,耐火服などに使用されたが,現在は生産されていない。【瓜生 敏之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

Pe‐Ce繊維の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android