コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩素 えんそ chlorine

翻訳|chlorine

8件 の用語解説(塩素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩素
えんそ
chlorine

元素記号 Cl ,原子番号 17,原子量 35.4527。天然に存在する安定同位体には塩素 35 (存在比 75.4%) ,37 (24.6%) の2種が存在する。 1774年 K.シェーレにより発見,1810年 H.デービーにより元素と認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐そ【塩素】

ハロゲン族元素の一。単体は常温で黄緑色の刺激臭のある気体。水によく溶け、空気より重い。酸化力が強く、反応性が高い。きわめて毒性が強く、空気中に微量存在しても人体に影響があり、高濃度では呼吸困難となる。工業的には食塩水の電解によって作られる。殺菌・漂白剤、塩酸塩化ビニルの製造原料などに使用。元素記号Cl 原子番号17。原子量35.45。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塩素【えんそ】

元素記号はCl。原子番号17,原子量35.453。比重1.557(-34℃),融点-100.98℃,沸点-34.6℃。ハロゲン元素の一つ。1774年シェーレが発見,1810年デービーが元素であることを確認。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

塩素

 原子番号17,原子量35.4527,元素記号Cl.17族(旧VIIa族)の元素.ハロゲン元素の一つ.単体は黄緑色で臭気のある気体.ヒト血清の塩素イオンの正常値は95〜103meq/l

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

えんそ【塩素】

主要ミネラルのひとつ。元素記号はCl。体内で塩酸に合成されてから主に胃液中に存在し、食物に対して殺菌・消化を促進する働きをもつミネラル。漬物、干物、調味料など、特に食塩に多く含まれる。たんぱく質を消化する酵素であるペプシンの働きを活性化させ、胃・体内・血液のpH(ペーハー)バランスを調整するほか、膵液(すいえき)の分泌を促進、肝臓の機能向上、体内の老廃物除去などの作用をもつ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんそ【塩素 chlorine】

周期表元素記号=Cl 原子番号=17原子量=35.453地殻中の存在度=130ppm(19位)安定核種存在比 35Cl=75.53%,37Cl=24.47%融点=-100.98℃ 沸点=-34.6℃気体の密度=3.214g/l液体の比重=1.557(-34℃)固体の比重=2.13(-195℃)臨界温度=144℃ 臨界圧=76気圧水に対する溶解度=1.46g/100g(0℃),0.729g/100g(20℃),0.000g/100g(100℃)電子配置=[Ne]3s23p5おもな酸化数=-I,I,III,V,VII周期表第VII族に属するハロゲン元素の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんそ【塩素】

ハロゲンの一。元素記号 Cl  原子番号17。原子量35.45。単体は化学式 Cl2 で,黄緑色の刺激臭のある気体。化学的に活性で,種々の元素と化合して塩化物をつくる。酸化力が強く漂白剤・消毒剤のほか医薬・染料の製造に用いる。毒性が強く,最初の化学兵器として第一次大戦で用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩素
えんそ
chlorine

周期表第17族に属し、ハロゲン元素の一つ。ハロゲン元素のなかで最初に発見された元素である。[守永健一・中原勝儼]

歴史

1774年スウェーデンのシェーレが、塩酸を二酸化マンガンで酸化するとき、黄緑色の気体が発生することをみいだした。1810年イギリスのH・デービーが新元素であることを結論し、ギリシア語で黄緑色を意味するchlorosにちなんで命名した。日本語の塩素は、これが代表的な塩としての塩化ナトリウムNaClの成分であることに基づいている。[守永健一・中原勝儼]

存在

遊離の状態では存在せず、おもに海水や岩塩中にアルカリ金属およびアルカリ土類金属の塩(NaCl、KCl、MgCl2など)として存在する。天然の同位体組成は35Cl(75.4%)、37Cl(24.6%)である。[守永健一・中原勝儼]

製法

工業的には、おもに食塩水の電解(隔膜法)によって、また融解塩化物の電解によって製造される。実験室では、塩酸を二酸化マンガンや過マンガン酸カリウムなどの強力な酸化剤で酸化するか、重金属塩化物を熱分解するか、あるいはさらし粉Ca(OCl)Clに塩酸を作用させるなどの方法が行われる。塩素は黄色のボンベに詰めて市販される。[守永健一・中原勝儼]

性質

常温で黄緑色、刺激臭のある有毒気体で、冷却すると黄色液体を経て黄白色の固体となる。水にかなりよく溶ける。水溶液は0℃に冷却するとクラスレイト化合物(包接化合物)である水和物Cl2・7.7H2Oが得られる。塩素ガスを飽和させた水は塩素水といい、黄緑色の溶液である。漂白作用があり、溶液中には塩酸と次亜塩素酸を生じている。この加水分解反応は冷たい水酸化アルカリ溶液中で100%進む。塩素は化学的に非常に活発で、不活性気体、酸素、窒素、炭素以外のすべての元素単体と直接化合して、塩化物をつくる。水素と混ぜてもそのままでは反応しないが、光、熱、電気火花などで反応が誘導されると、爆発的に反応が進む(連鎖反応)ので、水素と塩素との混合気体を塩素爆鳴気という。いろいろな種類の化合物があり、-から+までの酸化数をとるが、おもに奇数の場合が多い。塩素が、より陽性の強い元素と化合した塩化物中では、塩素の酸化数は-である。酸化物には、一酸化二塩素Cl2O、二酸化塩素ClO2、六酸化二塩素Cl2O6、七酸化二塩素Cl2O7があるが、いずれも不安定で爆発性がある。オキソ酸には、次亜塩素酸HClO(+)、亜塩素酸HClO2(+)、塩素酸HClO3(+)、過塩素酸HClO4(+)があり、それぞれの塩もある(括弧(かっこ)内は酸化数)。塩化ヨウ素IClのようなハロゲン間化合物なども知られている。[守永健一・中原勝儼]

用途

水道水や汚水の殺菌および漂白などに多量に用いられるほか、塩酸、さらし粉など多数の無機塩化物や、有機塩素化合物(農薬、医薬、爆発薬、フロン、塩化ビニルなど)の製造原料として広い用途がある。[守永健一・中原勝儼]

毒性

塩素は第一次世界大戦で毒ガスとして用いられた。
 塩素の人体に対する無害の限度は1ppmであるという。空気中に0.003~0.006%存在するだけで粘膜が冒され、鼻炎をおこし、涙、咳(せき)などが出る。長時間吸入すると胸が痛み、血を吐いて呼吸困難となる。塩素濃度の高いところでは、呼吸困難とともにチアノーゼをおこして死に至るので、直接吸わないように注意が必要である。[守永健一・中原勝儼]

人体に含まれる塩素

塩素の多くは食塩NaClとして摂取される。人体の塩素の90%は、塩素イオンとして、血液、そのほかの体液の成分として存在し、浸透圧の調節や水素イオン濃度指数(pH)の維持にかかわっている。また、一部は、胃酸の構成部分である塩酸として、胃液とともに胃の中に分泌される。胃酸は、タンパク質消化酵素であるペプシンの活性化に必要であり、また、食物中の不用な菌類の殺菌の働きがある。この殺菌によって、腸内での有用細菌の発育を容易にする効果がある。[河野友美・山口米子]
『IUPAC編、宮本純之監訳『塩素白書』(2000・化学工業日報社) ▽糸川嘉則編『ミネラルの事典』(2003・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塩素の言及

【殺菌剤】より

…一つは環境や器具器材などが汚染されたときに使用するもので,他は創傷などに際して感染を防ぐために用いられる殺菌剤である。前者のものとしては塩素や塩素化合物,石炭酸(フェノール),ヨウ素化合物が代表的であり,後者にはヨードチンキなどヨウ素化合物,アルコールが代表的であるが,両者に共通して用いられるものも少なくない。(1)塩素および塩素化合物 殺菌剤の発展は微生物学の進歩を語らずには成り立たない。…

※「塩素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩素の関連キーワードオスミウム白金スズニッケルネオジムハフニウムバリウムルテニウム元素記号

塩素の関連情報