コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Petlyura,S.V. PetlyuraSV

世界大百科事典内のPetlyura,S.V.の言及

【マフノ】より

…ときには農民家族とともに1000kmにおよぶ移動を行った。マフノ農民軍はドイツ軍撤退ののち,ウクライナ農民の代表としての立場を堅持し,ウクライナ民族派のペトリューラSimon Vasil’evich Petlyura(1879‐1926)の軍,白衛軍のデニキン,ウランゲリの軍との戦闘においてはボリシェビキと協力したが,のちに1919‐20年にかけてはソビエト政権の穀物徴発政策をめぐってボリシェビキと厳しく対立するようになった。この点タンボフ県のアントーノフの反乱や同じウクライナのゼリョーヌイZelyonyi(緑)の反乱と同じ性格をもっている。…

※「Petlyura,S.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android