コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフノ Nestor Ivanovich Makhno

世界大百科事典 第2版の解説

マフノ【Nestor Ivanovich Makhno】

1889‐1934
ウクライナの農民運動の指導者。アナーキスト。エカチェリノスラフ県グリャイ・ポーレ村(現,ザポロージエ州)に農民の子として生まれた。1905年革命のころからアナーキスト・グループの一員として警察や商人,富豪への襲撃に加わり,08年逮捕された。17年の二月革命後釈放されて故郷に帰り,農民運動の指導者となった。18年ドイツ軍占領下でマフノは農民パルチザン部隊を組織し,しだいに軍事指導者として知られるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マフノ
まふの
Нестор Иванович Махно Nestor Ivanovich Mahno
(1889―1934)

ロシアの農民運動指導者。ウクライナの農民出身。アナキスト組織の活動に参加して、1910年より懲役刑に服し、17年の二月革命で出獄。郷里で農民労働者ソビエトの議長となる。内戦期に農民軍を組織し、地主勢力、ドイツ占領軍、デニキンの白衛軍と戦い、やがて食糧を徴発するソビエト政府軍と戦った。後者によって農民軍は壊滅し、マフノは21年に国外に亡命した。34年にフランスで死去。[原 暉之]
『アルシーノフ著、奥野路介訳『マフノ叛乱軍史』(1973・鹿砦社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマフノの言及

【ウクライナ】より

…ドイツ軍が18年秋に撤退した後,19年を通じてウクライナは激しい内戦の舞台となった。ソビエト軍,ペトリューラ主導のディレクトーリア軍(民族派),N.I.マフノらに率いられる農民軍,A.I.デニキン率いる白衛軍などが入り乱れて戦った。20年にはほぼソビエト権力がウクライナに確立したが,その過酷な穀物徴発政策により21年夏までに約100万人の農民が飢饉により死亡した。…

【ロシア革命】より

…軍事人民委員トロツキーの作戦案が,この危機の中で効果を発揮した。これとともに,デニキン軍の背後からアナーキストのマフノに率いられたウクライナの農民軍が攻撃を加えたことが赤軍を助けた。10月20日,オリョールが奪還され,デニキン軍は後退した。…

※「マフノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マフノの関連キーワードジャーマアルマフムディーヤユーリー・ドルゴルーキーハナフノリ(花布海苔)ミール・ワイス・ハーン布海苔・海蘿・鹿角菜マフムーディーヤソームナート寺院フノリ(布海苔)フィルドゥーシーミール・ワイスバールーディー苦悩の中を行くシャー・ナーメアスジャディートルクメン族ファッルヒーエノ ラウドシャーヒー朝リューリク朝核物質不明量

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android