コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Porter,G. PorterG

世界大百科事典内のPorter,G.の言及

【化学】より

…反応速度論に関連して,20世紀における顕著な進歩は定量的に取り扱いうる反応速度の幅の拡大であった。流通法flow techniqueでは半減期が10-3s程度の反応が限界であったが,ノリッシュRonald George Wreyford Norrish(1897‐1978),ポーターGeorge Porter(1920‐ )の開発になる閃光法(1950ころ)では半減期10-6sくらいの,M.アイゲンの開発した緩和法では10-8~10-9sの反応が取り扱えるようになり,水溶液中のイオン反応,気相中の爆発反応などの詳細が明らかになってきた。もともと化学反応論と化学構造論とは独自の発展の道を歩んできたが,この二つはしだいに接近するようになってきた。…

※「Porter,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Porter,G.の関連キーワードアイゲンアウトソーシング戦略パリ・クチュール組合吉田カバンオーヘンリーオー・ヘンリーコストリーダーシップ戦略清水あきオー・ヘンリー小胞体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android