コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリッシュ ノリッシュ Norrish, Ronald George Wreyford

3件 の用語解説(ノリッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノリッシュ
ノリッシュ
Norrish, Ronald George Wreyford

[生]1897.11.9. ケンブリッジ
[没]1978.6.7. ケンブリッジ
イギリス物理化学者。ケンブリッジ大学卒業,学位取得後同大学講師を経て教授 (1937) 。ロイヤル・ソサエティ会員 (36) 。またファラデー協会および王立化学研究所幹事。燃焼および重合反応に関する光化学研究に従事,みずから考案した閃光放電管を用いて光分解による,きわめて寿命の短い反応中間体,遊離基の検出に大きな成果をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノリッシュ

英国の物理化学者。ケンブリッジ大学卒業。同大学教授(1937年―1965年)。短時間パルスによる平衡状態攪乱(かくらん)でもたらされる超高速化学反応の研究で,G.ポーター,M.アイゲンとともに1967年ノーベル化学賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノリッシュ
のりっしゅ
Ronald George Wreyford Norrish
(1897―1978)

イギリスの物理化学者。薬剤師の息子としてケンブリッジに生まれる。1921年ケンブリッジ大学を卒業、1924年博士号を得た。1937年ケンブリッジ大学教授となり、1965年まで務めた。大学在学中に第一次世界大戦に従軍、1919年に大学に戻る。また、第二次世界大戦では軍事研究についた。第二次世界大戦終了後、門下生ポーターとともに閃光(せんこう)によって引き起こされる光化学反応の研究に着手し、閃光光分解法を発表、化学反応において非常に寿命の短い中間生成物の測定に成功した。この化学反応論の画期的業績(極短時間エネルギーパルスによる超高速化学反応の研究)によって、1967年にドイツの物理化学者アイゲン、および共同研究者のポーターとともにノーベル化学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノリッシュの関連キーワードケンブリッジ大学サラムケンブリッジブルーオックスブリッジケンブリッジプラトン学派タインブリッジチロリアンブリッジ無線LANブリッジハーツホーンブリッジハートショーンブリッジ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone