RSA暗号系

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RSA暗号系

公開キー暗号システムでは、2つのキーによって暗号化と復号するが、このキーの決め方や、演算アルゴリズムによって数々のバリエーションがある。最も有名なのがRivest, Shamir, Adlemanらによって提唱されたRSA暗号系である。RSA暗号系では2つのキーは次のようにして決める。ある2つの大きな素数pとqを選んで、その積n=pqを求める。(p-1)×(q-1)以下で(p-1)×(q-1)と互いに素な整数eを選び、e×d ≡ 1 mod ((p-1)×(q-1))を満たす整数dを求める。すると(e, n)が公開キー、(d, n)が秘密キーとなる。文Mを暗号化するには、次のようにする。C = Memod n暗号文Cを復号するには、次のようにする。M = Cdmod n公開キー(e, n)から秘密キー(d, n)を求めるためには、nを素因数分解してpとqを求める必要があるが、実際にはpやqは数百bitになるように決めるので、このような長大な数の素因数分解は(現在のところ)現実的な時間内には実行不可能である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android