コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RSA暗号系

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RSA暗号系

公開キー暗号システムでは、2つのキーによって暗号化と復号するが、このキーの決め方や、演算アルゴリズムによって数々のバリエーションがある。最も有名なのがRivest, Shamir, Adlemanらによって提唱されたRSA暗号系である。RSA暗号系では2つのキーは次のようにして決める。ある2つの大きな素数pとqを選んで、その積n=pqを求める。(p-1)×(q-1)以下で(p-1)×(q-1)と互いに素な整数eを選び、e×d ≡ 1 mod ((p-1)×(q-1))を満たす整数dを求める。すると(e, n)が公開キー、(d, n)が秘密キーとなる。文Mを暗号化するには、次のようにする。C = Memod n暗号文Cを復号するには、次のようにする。M = Cdmod n公開キー(e, n)から秘密キー(d, n)を求めるためには、nを素因数分解してpとqを求める必要があるが、実際にはpやqは数百bitになるように決めるので、このような長大な数の素因数分解は(現在のところ)現実的な時間内には実行不可能である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android