コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SS-18 エスエスじゅうはちSS-18 intercontinental ballistic missile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SS-18
エスエスじゅうはち
SS-18 intercontinental ballistic missile

旧ソ連の戦略核戦力の中心をなす第4世代2段式大型 ICBM (大陸間弾道ミサイル) 。ロシア名は RS-20,北大西洋条約機構 NATOコード名はサタン Satan。 1992年の時点で 308基,97年で 186基配備。モードI型から VI型まであり,88年からはマーブ MIRV化した 10個弾頭装着のモード IV型に代って命中精度の向上したモードV型が運用されている。モード VI型は単弾頭といわれる。 92年6月の米ロ首脳会談でエリツィン大統領は,2003年までの SS-18ミサイル全廃を明らかにした。モード IV型の主要目は,射程1万 1000km,全長 35m,直径 3m,発射重量 200t,推進方式液体燃料,弾頭威力マーブ MIRV500kt× 10,CEP (半数必中界) 250m。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SS-18の関連情報