コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SVO SVO

世界大百科事典内のSVOの言及

【日本語】より

…こうした敬語法は東洋のモンスーン地帯に発達していて,朝鮮を除く大陸の諸言語には見られない現象である。
[文法――統語面]
 いま主語subjectをS,目的語objectをO,動詞verbをVとして種々の言語の語順を示せば,例えばアラビア語は動詞が文頭に立つのでVSO型(例:taqru’u al‐bintu kitāban.〈読んでいる・少女が・本を〉)とされ,また例えば英語や中国語のように動詞が主語と目的語の間にくるものはSVO型(例:the girl・is reading・a book.〈少女が・読んでいる・本を〉),そして日本語は動詞が文末にくるのでSOV型に属する。SOV型言語は,日本語,朝鮮語,モンゴル諸語,チュルク諸語,ツングース諸語のように,北ユーラシアから日本列島へと分布している。…

※「SVO」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SVOの関連キーワードウィーラント(Heinrich Otto Wieland)ミハルコフ・コンチャロフスキートゥガン=バラノフスキーロフォーテン諸島オストロフスキーオーラブ[1世]マッチ売りの少女定額制動画配信フォルストホフ神聖ローマ帝国青年チェコ党定額制VODアンデルセンアクサーコフレスボス島オガリョフ中原 延平OTTTV法律の留保リースキ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SVOの関連情報