コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sebaldus Sebaldus

世界大百科事典内のSebaldusの言及

【守護聖人】より

… 都市も成立当初においては市と結びついた祭礼の場であることが多く,そこから人々の崇拝の対象となった聖人の伝説と結びつく例がみられる。たとえばデンマーク王子として11世紀に生まれたとされるゼバルドゥスSebaldus(祝日8月19日)が富と地位をすて隠者としてニュルンベルク近くの森のなかに暮らし,多くの奇跡を行ったために多数の信者が集まり,ニュルンベルクは巡礼の地として発展したという。ゼバルドゥスがこうしてニュルンベルクの守護聖人とされるのであるが,それもあとになってつくられた伝説であった。…

【ニュルンベルク】より

… 1050年にこの町ははじめて文書に登場し,この年に国王ハインリヒ3世が宮廷を開いている。70年ころには後に(1424年)聖人となるゼバルドゥスSebaldusの墓に巡礼者が増大しており,ニュルンベルクの町が賑わいをみせる発端となったと考えられる。すでに11世紀にここには市場があったとみられる。…

※「Sebaldus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Sebaldusの関連キーワード聖セバルドゥス教会

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android