Sipunculoidea

世界大百科事典内のSipunculoideaの言及

【ホシムシ(星虫)】より

…星口(ほしぐち)動物門Sipunculaに属する無脊椎動物の総称。海産で砂泥中や岩の割れ目,サンゴ礁の隙間,海藻の根部間,死んだツノガイの中などにすむ。世界で約140種あり,一部のものは釣りの餌に用いられている。 体は円筒状で体節はなく,前方の細い吻(ふん)と後方の太い体幹部とからなる。体長は2~20cmほどで,体色は淡紅色,灰色,黄灰色,青緑色などがある。吻の先端には口が開いていて,その周囲に指状,房状や樹枝状などの触手が数本~数十本並んでいる。…

※「Sipunculoidea」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android