コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Summers,C. SummersC

世界大百科事典内のSummers,C.の言及

【オーストラリア】より

… 彫刻は絵画,文学に比べて,製作,運搬,展示に不便なため,1890年代の第1次文化興隆期に乗り遅れた。そのため,サマーズCharles Summers(1825‐78),ホッフRayner Hoff(1894‐1937)という1890年代の前と後に現れた巨人には,偏狭なまでの文化ナショナリズムは見られない。反発すべき先駆的傾向をもたない現代彫刻家は,レッドパスNorma Redpath(1928‐ ),ロバートソン・スウォンRon Robertson‐Swann(1941‐ )をはじめ大半が抽象派であるが,ダズウェルLyndon Dadswell(1908‐ ),ボールデッシンGeorge Baldessin(1939‐78)らの具象派にも新しい意匠でオーストラリアにかかわるテーマを表現する傾向は強くない。…

※「Summers,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Summers,C.の関連キーワード共役分化作用連続的分化作用アノーソクレイス粗面岩アノーソクレイス玄武岩ウッデンド岩ポリス(ロック・バンド)メイエロウィッツ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android