コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続的分化作用 れんぞくてきぶんかさようserial differentiation

岩石学辞典の解説

連続的分化作用

マグマの分化作用で,無数の同源の型に分離し,これらは互いに連続した関係を持っているものである.これらの岩石の組成変化は曲線的な系列で表わすことができる.この分化作用は結晶作用に先立って起こる[Skeats & Summers : 1912].レヴィンソン-レッシングによればマグマ分化作用(magmatic differentiatin)がその例である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android