WSPC(読み)ダブリュエスピーシー(英語表記)World Sports Prototype Championship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

WSPC
ダブリュエスピーシー
World Sports Prototype Championship

世界スポーツプロトタイプ選手権。 F1,WRCと並び,自動車レース世界3大選手権の一つ。プロトタイプとは試作車の意味で,2座席以上で屋根付きの運転席,タイヤを覆うボディカウルなど,F1に比べかなり一般車に近い規定がある。しかし中身は完全なレーシングカー。最も大きな制限はレースでの燃料総使用量が厳しく決められていることで,燃費問題をクリアしなければならない。エンジン規定は,91年に F1同様 3500ccノンターボ (燃料無制限) に統一された。以前は 500~1000km,6時間,12時間といった長距離耐久レースで争われていたが,89年からは 480kmのレース距離に統一された。日本では JSPC (全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権) シリーズが,年間6戦組まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android