中身(読み)チュウシン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐しん【中身】

武士の位・身分・禄高などが中位であること。また、その人。
「大身、―、小身によらず、色を好むとてもくるしからざる」〈甲陽軍鑑・一二〉

なか‐み【中身/中味】

中に入っているもの。中に入れてあるもの。「バッグの―」
物事の内容・実質。「―の薄い話」
刀剣の部分刀身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしん【中身】

身分・禄高などが中位であること。また、その人。 大身・-・小身によらず/甲陽軍鑑 品一二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐しん【中身】

〘名〙 武家の社会的身分をさしていう呼び名。位、身分、祿高などが中位であること。また、その人。
※甲陽軍鑑(17C初)品一二「大身・中身・小身によらず、色を好とてもくるしからざる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中身の関連情報