コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

antiferromagnetism antiferromagnetism

世界大百科事典内のantiferromagnetismの言及

【磁性】より

…温度が上昇して熱エネルギーがこの交換相互作用のエネルギーの得よりも大きくなった場合やはり強磁性から常磁性への転移をする。
[反強磁性antiferromagnetism,フェリ磁性ferrimagnetism]
 局在電子系において,原子の磁気モーメントの間に働くハイゼンベルク型交換相互作用の効果は,一般には単純ではない。交換相互作用のエネルギーを低くするような磁気モーメントの配列は,先に述べた強磁性を与えるものだけではなく,もっと複雑であることが知られている。…

※「antiferromagnetism」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android