baccalarius

世界大百科事典内のbaccalariusの言及

【学位】より

…一方,バチェラーはもともと,領主の家臣でまだ知行,封土をもたない騎士や,耕地をもたずに主人の屋敷に住む成人の農奴などを意味した。大学はこれをとり入れて,一人前のドクターやマスター(教師)になってはいないが,教師の監督下に授業の一部を担当する中間身分の学生をバチェラー(baccalarius,bachilariusなどのラテン語があてられていた)とよぶようになった。学位の用いられ方には国による差があり,法学の伝統の強い北イタリアの諸大学ではドクターの学位が重んじられる一方,フランスではマスターの学位が重視されたようである。…

※「baccalarius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android