コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

bitumen bitumen

翻訳|bitumen

世界大百科事典内のbitumenの言及

【アサバスカ[川]】より

…【正井 泰夫】
[アサバスカ・タールサンド]
 アサバスカ川下流域には,オイルサンド(タールサンド)鉱床として知られる地層が発達している。黒褐色で粘稠な,重質の炭化水素油(ビチューメンbitumen)を含む砂層(厚さは平均五十数m)で,深さ0~300mの所に面積2万5000km2にもわたって存在している。その処理には技術的にいろいろと困難な点があって十分な開発はなされていないが,一部で企業化され,この砂層を露天掘りで採掘し,湯で温めてビチューメンを抽出し,石油と同じように処理している。…

【アスファルト】より

…黒色あるいは黒褐色で,常温では固体または半固体の,縮合多環芳香族炭化水素を主成分とする物質。歴青(ビチューメンbitumen)ともいう。天然産のものと石油から生産されるものがある。…

※「bitumen」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

bitumenの関連キーワードアンスラクソライトグランス・ピッチウルツィライトヒューモリスアルバート鉱エラテライトアスファルトアルガライト石炭化作用固定瀝青ユー瀝青瀝青質松脂岩地臘油母瀝青